Print Shortlink

定年後も働きたいなら

エンジニアなどのIT技術職の特徴は、仕事において個人のスキルや知識が重要視されて、それゆえ将来性が幅広くなっています。会社員として企業に属している以上、どれだけ優秀でもやがて定年がやってきますが、その後に新しい試みが可能になるでしょう。

独立してフリーランスや個人事業主という形で働くことができるということで、しっかりと下準備をしてから活動をはじめれば、成功は難しくありません。人によっては定年前に独立を考える場合もあり、実際のところIT技術職は専門分野によりますが、エンジニアなどは独立がしやすい職種と言えるでしょう。

ただフリーランスとして活躍する場合はすべてを自分で行わなければならず、営業活動から事務まで作業は数多くあります。作業が多いとすべてを管理するのは難しく、どれを先にしなければならないのか分からなっくなることがあります。そのような事態にならないためにも、タスク管理の必要が出てくるのです。

独立する場合、その前に自分なりのタスク管理の方法を覚えておくと良いでしょう。
タスクとは与えられた、もしくは自ら課した仕事のことを指し、それらを明白化して取り掛かる優先順位をつけることです。作業に取り掛かる順番が分かれば仕事がしやすく、これは独立した後だけではなく、会社員としても自分なりの方法を見つけておくと普段の仕事が楽になるでしょう。このように、タスク管理とはエンジニアが仕事をする上で大切なものなのです。

独立した後は納品日を守ることが何よりも重要性をもつようになります。そして、実績を上げて信用や信頼を積み重ねていくことで、より仕事を得やすくなり、フリーランスとして成功することができるのです。